052-953-1001お電話

お問い合わせ

ブログ

【Web解析ショートコラム⑩】「セッション数」「コンバージョン率」から具体的に何をする?

  • この記事をツイートする
  • この記事をFacebookでシェアする
  • この記事をLINEで送る

今日でこのWeb解析シリーズも最終回です。前回はこちら。

今までは、指標(KPI)の見方と施策との関係ばかりうんちくをたれてきましたが‥…

皆さんが知りたいのは、「で、目標とする売上を達成するために、実際に何をしたらええんや~!!」ということだと思います。

ということで、最終回では、ここ2回で確認してきた「セッション数」「コンバージョン率」それぞれについて、具体的にどんなマーケティング施策やサイト対策が考えられるか?について書いていきたいと思います。

セッション数

「セッション数」は、これまでにお話したとおり、基本的には集客施策(サイト外施策)の成果を図る指標です。

そして、Googleアナリティクスでは、「デバイス」軸、「チャネル」軸でその数値を見ていきましょう、というお話をしてきましたが…。

マーケティング戦略的には当然、現在の重点ターゲットは誰か?ということが、ある程度検討&明確化されていると思いますし、施策に対して投下可能なコスト(≒予算)も概ね決まっているかと思います。

ただし皆さんの現実の状況に応じてコストは大きく異なるかと思いますので(まあ、逃げてますけどね…笑)、予算を時間軸に変更して、「チャネル」ごとの施策イメージを掲載した表が次のとおりです。(基本的に時間もコストです。そして、特にWebの世界は変化も速いので、かなり重要な視点です)

多少、異論もあるとは思いますが、参考にしてみてください!

<代表的チャネルごとの施策>

チャネル 施策
Direct
(直接)

ターゲット[新規・リピート]

通常はリピートが多い

時間軸

訪問経路の特性による

主な対策例

できるだけ正確な訪問経路を把握することがまずは前提

Referral
(参照元)

ターゲット[新規・リピート]

主に新規

時間軸

時間がかかる場合が多い

主な対策例

[サイト外]外部ネットワーク構築・PR

Organic Search
(自然検索)

ターゲット[新規・リピート]

新規・リピート両方

時間軸

一定の時間経過が必要

主な対策例

[サイト内外]SEO

Paid Search
(検索広告)

ターゲット[新規・リピート]

新規(顕在需要)

時間軸

速効性

主な対策例

[サイト外]リスティング広告(SEM)

Display
(ディスプレイ広告)

ターゲット[新規・リピート]

新規(潜在需要)

時間軸

速効性

主な対策例

[サイト外]バナー、その他のWeb広告

Social
(ソーシャルメディア)

ターゲット[新規・リピート]

SNSの特性による

時間軸

フォロワー数・投稿コンテンツによる

主な対策例

[サイト外]インフルエンサー、コンテンツマーケティングなど

Email
(Eメール)

ターゲット[新規・リピート]

リピート

時間軸

配信先数による

主な対策例

[サイト内外]アドレス獲得キャンペーン、メールコンテンツなど

集客対策は、皆さんSEOを基軸に据えることが多いと思いますが、成果が安定するまでに時間経過が必要で、対策の難易度も年々上がっています。単一チャネルに頼らないマーケティング・ミックスの戦略を計画していくことを、強くおすすめします。

コンバージョン率

一方「コンバージョン率」は、商品&価格戦略+サイト内施策の巧拙を図る指標です。

Googleアナリティクスでは、ユーザーの行動プロセスを「直帰率」「回遊離脱率」「カゴ落ち率」に分解してみましょう、というお話でした。

当然、サイト対策としては、課題があるプロセス(指標)を特定して、そこを重点的に対策することが王道中の王道です。

ただし、各プロセスごとの対策それぞれで、その難易度が大きく異なること(≒こちらも時間コストに直結します)を考慮する必要があります。

特に、今は普通のことかと思いますが、クラウドサービスのECシステム、カートなどを使用していると、「回遊離脱率」「カゴ落ち率」は非常に限定的な対策しか取れないことも多いです。(まあ、人気のサービスであれば、サービス共通項としての改善は常になされているはずですが…)

ということで、個人的には、取り組みやすい&一番最初のプロセス指標である「直帰率」からまず手を付ける!という考え方も全然あるかと思います。

こちらも、施策イメージの表を掲載しておきます。

<プロセス指標ごとの施策>

指標 施策
直帰率

難易度

◎ページ単位の対策で実現可能なことも多い

主な対策例

[サイト外]ターゲティング精度
[サイト内]LPO、メインコンテンツ

回遊離脱率

難易度

△サイト全体の構造設計に起因することもある

主な対策例

[サイト外]商品・価格戦略
[サイト内]ユーザビリティ・導線設計、メインコンテンツ、サポートコンテンツ

カゴ落ち率
(カート放棄率)

難易度

△システム改修が必要になることも

主な対策例

[サイト外]商品・価格戦略
[サイト内]EFO、サポートコンテンツ

ということで、10回ちょうどで、このコラムもおしまいです。

この回までお付き合いいただいた方は、稚拙な文章、ホントに失礼いたしました<(_ _)>

そして、多少なりとも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

それでは、また文章を勉強してどこかでお会いできましたら。

...See you again sometime, somewhere.

エーアンドエーではGoogleアナリティクスを使ったWeb解析を承っております。
「自分たちのWebサイトを改めて見直したい」「どのようにWeb解析を進めればいいのかわからない」「自社マーケティングに活用したい」という方はぜひご相談ください。

当社のWeb解析(アクセス解析)サービスについて

Web解析の相談はこちらから

エーアンドエーとホームページを制作しませんか?

エーアンドエーは「高い制作品質」と「柔軟なお客様対応力」が強みの愛知県名古屋市のホームページ制作・Web制作会社です。デジタル技術とアナログな心でお客様の課題を解決し、名古屋・東海地域を支える企業様から選ばれてきました。ホームページのことでお困りの方、信頼と実績のあるホームページ制作会社をお求めの方は、ぜひエーアンドエーまでご相談ください。

  • この記事をツイートする
  • この記事をFacebookでシェアする
  • この記事をLINEで送る

まずはお気軽にご相談ください

ホームページ制作のプロ集団・エーアンドエーが、強みの制作品質と柔軟対応でお客様の課題を解決します。
不安や悩みを抱えているホームページ担当者様は、ぜひエーアンドエーにご相談ください。

ホームページ制作のご依頼・ご相談は

お問い合わせフォーム

エーアンドエーについて検討されたい方は

会社案内ダウンロード

お電話でのお問い合わせも受け付けています

052-953-1001

受付時間/平日 9:30~18:00

※勧誘やセールスのお電話はお断りしております。

資料請求