Loading

株式会社エーアンドエー株式会社エーアンドエー

SERVICE

  • HOME
  • SERVICE
  • CMS(コンテンツ管理システム)の導入

CMS(コンテンツ管理システム)の導入Contents Management System

Webサイトがユーザーに支持されるためには常に最新の情報提供をし、徹底的なお客様志向の戦略が必要です。その戦略をサポートするのが企業自身の手でWebサイトの更新業務を効率よく管理・運営するツールCMSです。
大規模なホームページの運営では、企業としてコンプライアンスにそった情報提供、即時性のある情報提供を実現することが必要です。そのために企業内で担当者が簡単にホームページを更新できるようにし、なおかつ責任の所在を明確にした更新ワークフローを構築する必要があります。
CMSの導入のよって各担当者が情報提供の責任を担うことで、ホームページ更新への意識が高まり、活きた情報がホームページに掲載されるようになります。これがゆくゆくはユーザーの支持を得、ブランディングへの貢献を果たすようになります。
このCMSを活きたシステムにするためには、企業がCMSを利用して何を目指すのかが重要となります。エーアンドエーはCMS導入に向けた事前の調査により適切な提案をさせていただきます。

鮮度の高いコンテンツを
スピーディに配信

ホームページ作成の知識がない方でも更新を可能にします。すべてのページを統一感のあるデザインテンプレートで管理することで、担当者はデザインやレイアウトのことを気にせず情報の更新が可能になります。
またCMSはWebサイトの情報全体をデータベースで一元管理するので、一回の情報更新で複数のページを自動的に情報を反映させることが可能になり、高度な更新が可能となります。

情報セキュリティーの管理

CMSの導入では掲載情報の責任の所在の明確化、役割に沿った権限に基づく情報更新のワークフローを構築します。
また更新作業ごとにその履歴が保存され、企業のWebサイトとしての「信用」の維持に必要不可欠な管理/緊急時対応を可能にします。

ホームページのユーザビリティを維持

すべてのページのメニューナビゲーションをデザインテンプレートで維持管理することで、担当者は内容の更新だけを気にすればよくなります。更新後のホームページは当初のユーザビリティと企業のビジュアルアイデンティティ(VI)を確保できます。

アクセシビリティ対応

ホームページのバリアフリー化の指針となる考え方が「アクセシビリティ(Accessibility)」です。ホームページの使い勝手を表すユーザビリティに対し、アクセシビリティは弱者やハンディのある人々にもホームページへのアクセスを可能にします。
主なCMSではJIS規格に準拠した情報の発信情報を最適化し、誰にでもわかりやすく探しやすいサイトを効率的に構築できます。