052-953-1001お電話

お問い合わせ

ブログ

【書籍レビュー】「あたらしい、あしらい。」は、抜け感のあるオシャレなデザイン演出が詰まった一冊

  • この記事をツイートする
  • この記事をFacebookでシェアする
  • この記事をLINEで送る

こんにちは、ごとうです!

前回は「けっきょく、よはく。 」というデザイン書のご紹介をしました。

今回は同シリーズの「あたらしい、あしらい。」という本のご紹介をしたいと思います。

あたらしい、あしらい。(amazon.co.jp)

目次

  1. 「あたらしい、あしらい。」ってどんな本?
  2. 「あたらしい、あしらい。」を実践してみた
  3. 「あたらしい、あしらい。」を読んだ感想

「あたらしい、あしらい。」ってどんな本?

「抜け感」ってよく聞きますよね。
ファッション雑誌でも、この言葉がよく使われているかと思います。

「抜け感ファッション」っていうのが何かっていうと、「力を抜いた隙を見せるファッション」というものです。

デザインにもこの「抜け感」っていうのがありまして。

例えばベタを背景に敷いてその上に要素を乗せてデザインすると、要素をガチガチに囲ってしまっているので「抜け感」が無い状態です。
これをするとデザインが重たい・古めかしい感じになります。

「Not 抜け感」のイメージ

そうではなく

  • 囲いに隙間を作る
    線だけで区切る

などにすると、重い感じがなくなり、空気が通るようなデザインになります。
これが「抜け感」です。

こちらの本は、そういった「抜け感」が意識された、今っぽいオシャレな「あしらい」がたくさん紹介されています。

「あしらい」というのは、デザインするときのちょっとした装飾や工夫のことです。

「いざデザインするとき、ただベタを敷くんじゃなくて、何か工夫すれば良いのは頭では分かってるんだけど、実際どうすれば良いか浮かんでこない。」ってことありますよね。
私はあります(笑)。

そういった時に、ぱっと味方になってくれる一冊です。

「あたらしい、あしらい。」を実践してみた

こちらの本についても、Before Afterで、よくない例とよい例を比較して説明しています。

「こういうあしらいは古い」と直球で書いてくれているので耳が痛いながらも大変参考になります…(笑)。

今回も本を読んだ後、抜け感のある「あしらい」を意識してデザインしてみました。

Before

改良前デザイン

After

改良後デザイン

文字を読まなくても、見た目の雰囲気で「Web解析」のイメージが伝わるようなあしらいをプラスしています。
意識してることだけは伝わってくる気がしますね(自己評価)。

「あたらしい、あしらい。」を読んだ感想

あしらいが滅茶苦茶苦手な私は、シリーズ内でこの本が一番欲しかったのですが、買って良かったと思っています。

ここに載っているあしらいを参考に、自分のデザインの引き出しを増やしたいと思います。

今はまだ難しそうなので、いちいち本を開くことになりそうですが…(笑)。

先ほど「こういうあしらいは古い」と書いた通り、デザインにはトレンドがあります。

トレンドを取り入れていない引き出しの中だけでデザインをこなしていると、古臭いデザインしか産まれないので、引き出しは常に整理して、古いデザインと新しいデザインを入れ替えるようにしたいですね。

以上、「あたらしい、あしらい。」というデザイン書のご紹介でした!

エーアンドエーとホームページを制作しませんか?

エーアンドエーは「高い制作品質」と「柔軟なお客様対応力」が強みの愛知県名古屋市のホームページ制作・Web制作会社です。デジタル技術とアナログな心でお客様の課題を解決し、名古屋・東海地域を支える企業様から選ばれてきました。ホームページのことでお困りの方、信頼と実績のあるホームページ制作会社をお求めの方は、ぜひエーアンドエーまでご相談ください。

  • この記事をツイートする
  • この記事をFacebookでシェアする
  • この記事をLINEで送る

まずはお気軽にご相談ください

ホームページ制作のプロ集団・エーアンドエーが、強みの制作品質と柔軟対応でお客様の課題を解決します。
不安や悩みを抱えているホームページ担当者様は、ぜひエーアンドエーにご相談ください。

ホームページ制作のご依頼・ご相談は

お問い合わせフォーム

エーアンドエーについて検討されたい方は

会社案内ダウンロード

お電話でのお問い合わせも受け付けています

052-953-1001

受付時間/平日 9:30~18:00

※勧誘やセールスのお電話はお断りしております。

資料請求