052-953-1001お電話

お問い合わせ

多言語サイト制作

インバウンド、グローバル化への対応

多言語サイトとは、日本だけでなく海外のユーザーにも対応するため複数の言語で構築されたWebサイトのことです。
政府は訪日外国人旅行者数のさらなる増加を目標に掲げ、各媒体の多言語対応と外国人向けの情報発信を求めています。
また、外国人留学生の増加やビジネスのグローバル化など、あらゆる分野で多言語対応は避けられない物であると考えられます。

サービスの特長1

ますます増える外国人旅行者

日本政府観光局によると、2019年の日本国内における訪日外国人旅行者数は3,188万人にのぼり過去最多を更新しました。また観光庁によれば、2019年の訪日外国人旅行消費額は4兆8,113億円で7年連続過去最高を更新したそうです。
政府は2016年に策定した『明日の日本を支える観光ビジョン』の中で、2020年の訪日外国人旅行者数4,000万人、2030年には6,000万人という目標を掲げており、中小事業者の持つウェブサイトの約半分の多言語化を支援する方針を打ち出しています。また観光庁は『観光ビジョン実現プログラム2019』を策定し、当たり前の環境整備として多言語対応による外国人向けの情報発信を求めています。今後も増え続ける外国人旅行者への対応は、大きなビジネスチャンスになり得るでしょう。

サービスの特長2

優秀な外国人留学生の獲得

独立行政法人日本学生支援機構によると、2018年の外国人留学生数は前年比12%増の29万8,980人にのぼり過去最多を更新しました。出身国別で見ると最多が中国、次いでベトナム、ネパール、韓国、台湾と、アジア地域からの留学生が93.4%という結果でした。
2008年に政府は、2020年を目途に30万人の留学生受入れを目指す『留学生30万人計画』を発表しました。この計画では、優秀な外国人留学生の戦略的な獲得や受入れ体制の整備に取り組むことを公表しており、その結果として外国人留学生の増加につながったと考えられます。そして2019年、文部科学省は新たに『留学生政策をめぐる現状と施策』を発表し、さらなる外国人留学生の受入れに向けた取り組みを打ち出しました。このような政府主導の取り組みにより、今後も外国人留学生は増加していくと予想されます。大学・学校・専門学校など、優秀な学生の獲得には外国人留学生やその親に向けた多言語対応が必須となるでしょう。

サービスの特長3

ビジネスにおけるグローバル展開

観光や教育分野以外でも多言語サイトは非常に有効的です。例えば、国内の働き手減少により外国人スタッフを雇用したいというニーズや、日本市場が飽和状態になり新たなマーケットとして海外を狙っていきたいといった状況です。また公的機関においては、外国人への情報提供は社会課題のひとつと考えてもよいでしょう。このとき注意しなければいけないのは、単純に日本語サイトをそのまま現地の言葉に翻訳すればいいという訳ではないということです。日本語サイトは日本人の文化や価値観を前提に作られています。そのため、そのまま翻訳しただけでは外国ユーザーにとって魅力的に感じない、場合によっては拒絶されてしまう可能性があるのです。多言語サイトを作る際には、その国の文化や慣習・価値観・法律等を理解し、サイト設計やデザインを検討しなければいけません。

サービスの特長4

対象国や言語をご提案します

どの言語でサイトを作ればいいかわからない場合は、まずはじめにGoogleアナリティクスで現在のアクセス状況を解析し、必要な言語をご提案いたします。例えば、これまで日本語と英語で運用していたとしても、アジア圏からの訪問者が多い場合は中国語や韓国語でもページを作成するべきでしょう。また、今後のビジネス展開で狙いたい地域があればその言語でも作成すべきです。これまでのアクセス状況とこれからのビジネス展開、両方の視点から言語を選択することで、より多くのユーザーがアクセスできるWebサイトを作成します。

サービスの特長5

翻訳=多言語サイト、ではありません

無料の機械翻訳で英語を日本語に変換すると、直訳すぎて読みづらい・意味がわからないと感じたことはありませんか?単純に訳しただけの不自然な文章では、正確な情報やニュアンスを伝えきれないことが多々見受けられます。翻訳で一番重要なのは、『ローカライズに優れた翻訳』です。ローカライズとは地域化という意味で、日本人の視点でそのまま翻訳するのではなく、ネイティブの視点で対象国の文化や慣習に対応させた文章に翻訳することが求められています。同じ意味の単語でもシーンによって選ぶべき単語は異なり、その繊細な判別は両言語に詳しくないと難しい作業となります。
エーアンドエーではさまざまな国地域の言語や文化に精通したバイリンガルのネイティブスタッフを擁する翻訳専門会社協力のもと、BtoC向けの一般的なサイトからBtoB向けの専門的なサイトまで、あらゆる翻訳にお応えすることが可能です。

翻訳

サービスの特長6

Google推奨の方法で構築します

Googleは多言語サイトを作る際のベストプラクティスとして以下の内容を提示しています。

  • 言語のバージョンごとに異なるURLを使用する
  • 複数の言語のバージョンがあることをGoogleに知らせる
  • ページの言語が明確にわかるようにする
  • ページの言語をユーザーが切り替えられるようにする

エーアンドエーでは上記の方法に則って多言語サイトを制作します。その結果、検索エンジンで最適な言語のページが表示されるなどSEOに優れたサイトとなり、より多くのアクセスを期待することができます。

これからのインバウンド・グローバル化への対応には多言語サイトの制作が必要不可欠です。
エーアンドエーでは文章の翻訳から多言語サイト制作までトータルでサポートしています。
海外に向けての情報発信やビジネスチャンスを掴みたいというお客様は、ぜひ一度ご相談ください。

多言語サイトについて相談する

まずはお気軽にご相談ください

ホームページ制作のご依頼・ご相談は

お問い合わせフォーム

エーアンドエーについて検討されたい方は

会社案内ダウンロード

お電話でのお問い合わせも受け付けています

052-953-1001

受付時間/平日 9:30~18:00

※勧誘やセールスのお電話はお断りしております。