メニューを読み飛ばすHome > 業務内容:ブランドマーケティングに役立つWebサイトの提案

ブランディングに役立つ、Webサイト

| 1 | 2 | 3 |

ユーザーを起点に考えるのが、ブランドマーケティング

ブランドは、企業のマーケティング戦略の効果と効率を高め、長期的な利益の源泉となるものです。ブランドを構築しロイヤルカスタマー(ブランドへの愛着を持つ顧客)の獲得を目指す時、企業は常にユーザーを起点にマーケティングを行うことになります。
ブランドマーケティングでは、企業がユーザーに何ができるのかを約束し、常にユーザーのニーズを理解することが必要です。そのプロセスを続けていくことが企業のブランドロイヤリティーを確立していきます。
このユーザーを中心に置くブランドマーケティングを展開するとき、Webサイトは有効な戦略ツールとしての可能性を持っているのです。

ユーザーのニーズと企業の約束から生まれるブランド価値


Webサイトはユーザーと企業を結ぶ「絆」

ユーザーは何かを知りたい時、何かに困った時、何かが欲しい時、まずそれについて知りたいというニーズを満たすためにWebサイトを利用します。
Webサイトはユーザーへの情報提供の早さ、さらにターゲットユーザーに特化した質の高い情報の提供、精度の高いユーザーニーズの情報収集等が可能です。その特性を理解し、Webサイトを利用するユーザーの行動を把握しユーザーのニーズに応えるWebサイト構築を目指す時、Webサイトはユーザーと企業の精神的な関係を維持するコミュニケーションツールとして、他メディアより優れた特性を発揮します。
その特性を理解したホームページ制作により構築されたWebサイトはブランドコミュニケーションを行う上で、ユーザーと企業を結ぶ「絆」となり、企業のブランドロイヤリティーを高める結果となります。ただし、Webサイトが「絆」として機能するためには、ホームページ制作をする上で前提条件が必要になります。

ブランドマーケティングに有効なWebサイト構築の前提条件
Page TOP